密室で二人きり!『かぐや様は告らせたい』68話をネタバレレビュー

作・赤坂アカ かぐや様は告らせたい68話より
スポンサーリンク
レクタングル(大)

体育祭の準備!二人きりで体育倉庫に閉じ込められるの巻

どうも、いなかです。

この記事では、作・赤坂アカのヤングジャンプコミックス「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」68話のネタバレレビューをします。

関連記事はこちら

生徒会室に少女漫画の暴風。『かぐや様は告らせたい』64話をネタバレレビュー
少女漫画ネタは終わっていなかった どうも、いなかです。 この記事では、作・赤坂アカのヤングジャンプコミックス「かぐや様は告らせたい~天才...
ベルマークを集めよう!『かぐや様は告らせたい』65話をネタバレレビュー
生徒会メンバーでベルマーク集め大会!『かぐや様は告らせたい』65話をネタバレレビュー
生徒会総出の恋愛相談!『かぐや様は告らせたい』66話をネタバレレビュー
久しぶりに柏木さんの彼氏が恋愛相談!『かぐや様は告らせたい』66話をネタバレレビュー
女子会でコイバナ!?『かぐや様は告らせたい』67話をネタバレレビュー
女子メンオンリー回!コイバナでワイワイ!『かぐや様は告らせたい』67話をネタバレレビュー

備品の確認で御行とかぐやが体育倉庫へ

新生生徒会の結成時に「二学期はイベントが盛りだくさんだ!皆で乗り切るぞ!」的なことを御行が言っていましたが、その第一弾として体育祭のターンに入った模様です。

これまでの傾向からすると、何週か体育祭関係の回が続くわけではなく、日常回を挟みながら少しずつ、という感じでしょうか。

とりあえず今回は、体育祭の準備の回です。

備品の確認のために、2人で普段は使っていない体育倉庫に行くものの無事閉じ込められるという、ラブコメ的にはとても由緒正しい「体育祭の準備回」です。

扉絵がカラーなせいか、珍しく導入に数コマ使っています(いつもは1コマしか使いません)

作・赤坂アカ かぐや様は告らせたい68話より

「普段使ってない体育倉庫とかあんの?さすがに設定ガバガバすぎでは…?」などと思いながら読んでいたのですが、綱引きで使う縄とか間違いなく年に一回かそこらしか使わないし、物置的な場所に置いておけるならそうするな、と一瞬で納得していまいました。

久しぶりに頭脳戦の雰囲気を出しているが、雰囲気だけである

普段は使わない倉庫に閉じ込められて、携帯も無いから助けも呼べない。普通に考えれば結構なピンチです。

ですが、御行とかぐやはお互いが「こんなに都合よく閉じ込められるハズない!これは相手の策略!」と思い込んでおります。「だったらその策略をこっちも利用してやる!」とも。

だから相手の仕草から少しでも情報を引き出そうとしますが、だからこそ、二人ともガチで閉じ込められていることに気が付きません。

作・赤坂アカ かぐや様は告らせたい68話より

一見ただのアホなんですが、そこが可愛いんですよねえ…。

今回はとにかく、閉じ込められた後の2人の浮かれっぷりが可愛いんですよ。

普段受け身な2人だからこそ、今回は「やっと相手から来てくれた!やったー!!」と言う感じで、完全に舞い上がってしまいます。

作・赤坂アカ かぐや様は告らせたい68話より

閉じ込められたことに気が付かないのも、そのせいなのかもしれませんね。

単純な事故なんかじゃなく、事故を装った相手からのアプローチだと信じたかったから。アプローチが嬉しくて、事故なんかだと思いたくなかったのかもしれません。そう考えると、お互い相手のことをものすごく信頼してますね。

この相手ならこのくらいはやってくれるって、疑いもしないわけですから。

作・赤坂アカ かぐや様は告らせたい68話より

ほんと、2人ともお可愛いことですわあ

着地点はどこ?

「閉じ込められた状態」が相手のアプローチだと信じて疑わない2人はこう考えます。

「相手はこの密室でどこまでやるつもりだろうか?」

作・赤坂アカ かぐや様は告らせたい68話より

このあたり、女の子の方が進んでるということなのか、御行の発想が控えめなのか。

今回については後者な気がしますね…。

御行も、柏木さんのところは「神ってる/神ってない」などと言って冷やかす割に、こういうところでの発想が控えめですよねえ。雑誌の他の作品は普通に神ってるんですが(笑)

えろに頼らないラブコメ主人公の面目というところなんでしょうかね?

とにかく、程度の差はあれど、お互いにそれなりのスキンシップを相手は取りたがっていると考えていたわけですよ。それでいて、自分もそうなることは決してやぶさかではなかった。

作・赤坂アカ かぐや様は告らせたい68話より

加えて2人のテンションはMAXなわけです。何と言っても、「やっと相手から来てくれた!やったー!!うれしー!!」というテンションなわけですから!

そりゃ行くとこまで行きますよね!

作・赤坂アカ かぐや様は告らせたい67話より

このオチは逆に想定外

いや恒例は恒例なんですよ。

作・赤坂アカ かぐや様は告らせたい68話より

場が煮詰まったところでミコがドーンと登場!という新生生徒会のお約束となりつつある流れで。もはや様式美と化しつつある展開ではあるんですけどね。

今回はいつもと色々違ったじゃないですか。扉絵がカラーだったり、回のテーマ的にも、体育祭という新しいイベントに差掛るところだったし。

なので、これはもう二人の関係がもう一歩進む回に違いないと思ってワクワクしながら読んでいたんです。

全然違いましたね(泣

最後、ちゃっかり保身に走るかぐやが草でした(笑)

前回「会長が保身に走りすぎるところは本当」などと言っていたのに!棚上げという名の必殺技が出ましたよ!

しかしああいう場面。

だと、女子(かぐや)の方が「違うの、会長が悪いんじゃなくて」などと言ったフォローに入らないと、御行の立場が本当に無くなってしまうと思うんですが。

あの場をどう乗り切ったんでしょうね?まじで気になります。

総評:久しぶりのラブコメ回 is 最高

体育祭の準備回と書いてしまいましたが、実際は特に準備などしておらず、準備にかこつけていちゃいちゃしてばかりの回でした。まあ、好きな異性と密室に二人きりになって、いちゃいちゃするなと言うのも無理な話じゃないですか。

わたくし的には最の高でしたよ。

上でも書きましたが、2人の浮かれっぷりが本当に可愛くて。堪りませんでした。

3時間は二人きりだったはずで、作中にでてこない部分でとりとめのない話とかをいっぱいしたと思うんですが、できることなら全部知りたいです。

次回予告を信じるなら、かぐやの体調が悪くなる回のようです。そんなん書かれたら、ラブコメ回の連発もわんちゃんあるか…?などと期待してしまいますねえ!

ではまた来週!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする