かぐやが急に倒れて…!『かぐや様は告らせたい』69話をネタバレレビュー

作・赤坂アカ かぐや様は告らせたい69話より
スポンサーリンク
レクタングル(大)

かぐやが倒れた原因を世界的名医が徹底調査

どうも、いなかです。

この記事では、作・赤坂アカのヤングジャンプコミックス「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」69話のネタバレレビューをします。

関連記事はこちら

ベルマークを集めよう!『かぐや様は告らせたい』65話をネタバレレビュー
生徒会メンバーでベルマーク集め大会!『かぐや様は告らせたい』65話をネタバレレビュー
生徒会総出の恋愛相談!『かぐや様は告らせたい』66話をネタバレレビュー
久しぶりに柏木さんの彼氏が恋愛相談!『かぐや様は告らせたい』66話をネタバレレビュー
女子会でコイバナ!?『かぐや様は告らせたい』67話をネタバレレビュー
女子メンオンリー回!コイバナでワイワイ!『かぐや様は告らせたい』67話をネタバレレビュー
密室で二人きり!『かぐや様は告らせたい』68話をネタバレレビュー
二人きりで体育倉庫に閉じ込められるの巻。『かぐや様は告らせたい』68話をネタバレレビュー

生徒会室でかぐやが倒れ…

作・赤坂アカ かぐや様は告らせたい69話より

御行に、髪についたゴミを取ってもらった直後に倒れるかぐや。

そのまま救急車でかかりつけの病院まで運ばれます。

作・赤坂アカ かぐや様は告らせたい69話より

いままでそれらしい様子はまったくなかったのですが、かぐやがもともと体が丈夫ではないこと、母親も心臓病が原因で既に鬼籍に入っていることなどが明らかになります。

前回の最後に、かぐやの具合が悪くなる事が示唆されていましたので、このくらいまでの展開はそれなりに想定していました。

だから「心配していてもたってもいられなくなった御行がまたお見舞いにいくのかな?」「そんで今度こそほんとにキスするのかな?」などと考えていました…ええ、愚かにもそんな甘い夢を見ていたわけですよ。

かぐやが倒れた原因は

病院に搬送されたかぐやは、四宮家かかりつけの世界的な名医に診てもらうことになります。

この名医のオッサン、いかにもどっかの医療ドラマにでも元ネタがいそうな感じ(実際いるのかな?)で、正直第一印象は、なんか胡散臭い雰囲気だなーというところだったんですが、普通にいい人でした(笑)

最初から最後までかぐやに真摯に付き合ってくれました。

なまじ真摯なだけに、シリアスなギャグ的なお笑い要員だったんですが…いわば存在自体がギャグのような人でしたね。

作・赤坂アカ かぐや様は告らせたい69話より

でしたらなんですか!? 私は恋のドキドキで倒れて救急車に運ばれたと!?

これが事実上、今回のオチですよ!

今回は随分直球できたなあ、と思ってしまいました。

ストーリー的には、このあとはずっと最新医療科学で「いかにかぐやが恋に落ちているか」を証明し続ける感じですからね。

共感性羞恥持ちのわたくしとしては、早坂に心から同情してしまいますよ。

最後のページは、オチというほどオチていないんですが、いいコマでした。

作・赤坂アカ かぐや様は告らせたい69話より

御行さんお得意の、「特に恋愛意識してないときほど大胆」が出ましたよ!

これぞラブコメ、という感じのコマで最高ですわ。

総評:まさかあの入り方で、シリアスなのは序盤だけって思わないやん?

数えてみたところ「恋の病ですね」は8ページ目でした。全18ページのうち7ページしかシリアス続かない上に、8ページ目にはオチが来ちゃうという、今回はまあ大胆な構成でした。

一方で、本編関係ないところで気になるところがちょいちょいある回でもありましたが。

かぐやの母親のことが言及されたのは初めてですし(初めてだよね?)やはりというべきか、既に鬼籍に入っているとのことでしたが…。

あと、早坂がキス未遂事件のことを知っていたんですが、どうやって知ったんでしょうか…?

普通に考えればかぐやが自分で話したということなんでしょうが(かぐやは早坂がキスのことを知っていたことには特に驚いたり怒ったりしていませんでしたから)その一方でかぐやの警備部隊が常に学園に潜んでいる可能性もアリっちゃアリかなー、とも思うんですよね。

かぐや自身もそれを知っていれば、「早坂が知っていることを知っている」ということになりますし。

あと早坂もあの病院を使うそうなんですけど、あんな大病院にそんなに用があるの…?と心配になってしまいました。稀に来ることがある、くらいのニュアンスであることを祈ります。

来週は休載だそうです。単行本が来月出るので、その準備ですかね?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする